『ゲーセン戦記』 -ミカド店長が見たアーケードゲームの半世紀- 【池田店長クリア名刺付き限定版】 (中公新書ラクレ 797) 新書

「ゲーマーの聖地」として国内外で名を知られる「ゲーセンミカド」。中小店が苦境に立たされる中、多彩なラインナップと企画力で愛され続けている。同店の池田店長が、数々の名作を振り返りながら現場のリアルを語る。『ゼビウス』『グラディウス』などシューティングブームの流行から、『ストリートファイター供戞悒弌璽船礇侫.ぅ拭治押戮覆紐淵押爾領汗后経営の試行錯誤や業界への提言まで、ゲーセンの歴史と未来を描いた一冊。
※購入特典
■池田店長のクリア名刺


【目次(抜粋)】
0 伝説のゲーセン
1 始まりから成熟の時代 1974‐1996
 始まりは『ゼビウス』/『グラディウス』の衝撃/ゲームセンター文化とスコア/UFOキャッチャー/対戦格闘ゲームの流行 他
2 衰退の時代 1997‐2005
 入社後の退屈とプリクラ、音ゲーブーム/ネットワークシステムの登場/退職、そして起業/モンハンとコミュニケーションノート/麻雀ゲームについて 他
3 転換の時代 2006‐2010
 僕はゲームセンターを始めた/歌舞伎町から高田馬場へ/配信の力 他
4 淘汰の時代 2011-2018
 震災と強盗事件/閉店ラッシュ/音ゲーとプライズ/ユーチューブの本領/インバウンドとメダルゲーム/eスポーツとゲーセン 他
5 混乱の時代 2019-2023
 クラウドファンディング/ゲームセンター最大の危機/ゲーセンの未来に向けて/生き残るための知恵 他
型番 awr_mkd
販売価格 1,000円(税込)
SOLD OUT

Top